車買取業者とのトラブル回避方法

車買取トラブル

トラブルの一覧です。これを知ることで事前にトラブルを回避できます。

 

・納車前に事故

納車前に事故を起こすというケースは意外にあり得ます。それを黙って納車すると規約違反になりますので、車を傷つけないよう契約後はできるだけ早く納車してしまうのがベストです。万が一、売却予定の傷をつけてしまった場合は、正直に先方に報告しましょう。

・査定価格が下げられた

実は、車査定後に「査定価格が下げられた」という悪徳業者も存在します。
ここだけの話ですが、顧客満足度ランキング5位以上の会社はそのような評判は一切
ありません。

また「車を高く売るコツ」としても、最新の顧客満足度ランキングの上位企業をピックアップし、一括査定で逆指名するとトラブル回避だけではなく「車高値売却」の面でも万全です。

>車買取業者「顧客満足度ランキング」

・車買取トラブル 名義変更

自動車税とは4月1日までに「車検証に記載されている車の所有者」が負担する税金です。
1年分を年に1度支払います(5月末まで納めないと延滞金がかかる)。

この車検証記載の名前を変更する手続きを「名義変更」といいます。

※ 車を廃車にする場合は「廃車手続き」をしないと「自動車税」がかかります

車売却後、車の購入者(車買取業者)が名義変更するまで、車の所有者は「前の持ち主のまま」になります。
そのため名義変更しなければ、車の自動車税を払わなければならないことになります。

■ 車買取トラブル「名義変更」か「抹消登録」が遅れるとこうなる
・自動車税の納付書が届く(支払い義務が発生する)
車を売ったのに翌年4月1日から「1年分の自動車税」を負担する羽目になります。

事例として、買取店側の手続きが遅れて納付書が届いた場合は買取店側が自動車税を負担します。万が一、納付書が届いた場合は買取店に確認を取り、「名義変更手続きが遅れた買取店側に、自動車税を負担してください」と要求しましょう。

■車引き取りから名義変更にかかる期間と通知方法

:アップル【10日~2ヶ月】(急ぎは店舗に伝える)新しいナンバーを葉書で通知あり
3月に車を売りたい場合は何日ころまでOK?

:オートバックスカーズ【10日から】入金は車引き渡しから2日後~(名義変更完了のお知らせと車検証コピーが届く)

:カーセブン【3日から3ヶ月】(急ぎは店舗に伝える)(名義変更完了直後に通知あり)

:ラビット【不明】(名義変更完了後に車検証コピーを郵送)

:カーチス【最大2、3ヶ月】(完了後、葉書で完了の連絡が届く)

:(T-UP)ティーアップ【不明】名義変更完了後に完了通知を郵送

:ユーポス【最大2ヶ月かかる】買取後オークションに出すため(完了後、完了を郵送で通知)

:ビッグモーター【不明】名義変更後の車検証写しが郵送される

:ネクステージ【不明】詳細不明

:ガリバー【不明】手続き完了後に名義変更通知書を郵送する、入金は引取から最短2日で可

2月、3月のタイミングで車を売却する場合は事前に確認するとより安心です。早いと「車引き渡し」から約3日後には「抹消登録」が完了しますが、車庫証明書などが必要なので10日程度は余裕をもたせると安心です。

買取後、カーオークションに出し、次のオーナーが決まってから手続きをする場合ケースもあるからです。

■ 車の名義変更通知
車買取業者を利用すれば「15日から1ヶ月以内」に名義変更手続きが進みます。
名義変更が完了すると、あなたの自宅に「名義変更通知」が届きます。

■ 自動車税
税額は用途や排気量などで異なり、一部の低公害車(電気自動車やハイブリッドカーなど)には税額の軽減措置がとられています。

・自動車税還付
車を売却するとすでに払った自動車税が「残り月分」戻ってきます。3月に売却すると戻りはありませんが、4月からの自動車税を納付する必要がないので売却には良いタイミングとなります。
・軽自動車は自動車税還付なし
軽自動車の場合は、先払いした自動車税還付制度がありません。車を売る場合は、新しく課税される前(3月まで)に売却するとお得になります。

■ 廃車時の自動車税の還付金
自動車を「廃車」した場合、特になにもせずとも「自動車税」の還付は通知が届きます。その通知を銀行などに持っていくと「払いすぎた自動車税」が還付金として戻ってきます。
(一時抹消登録か永久抹消登録後、自治体が還付手続きを行い3ヶ月以内に支払通知書が届きます。それは小切手同様のものです。銀行など金融機関で現金化できます)

・自治体によって手続きが必要な場合も
地方自治体によっては、極稀に「別の書類」を求める場合もあります。
廃車業者に依頼すれば「委任状」を渡すだけで全ての手続きが無料代行されます。自分で廃車処理する場合は、自治体に問い合わせ確認しましょ。

・【注意】軽自動車は廃車時の自動車税還付金なし
軽自動車を廃車しても自動車税の還付金はありません。3月中に廃車し登録抹消しまいましょう。

■自動車重量とは?
自動車重量税とは、自動車の重量応じて車にかかる税金です。
・新車購入時だけ「3年分」
・中古車購入、車検時の場合「2年分」
をまとめて納税します。
▼ 廃車時の自動車重量税還付金
廃車した時に自動車重量税の還付金を受け取る場合は、「永久抹消登録」が必要です。
同時に「自動車重量税還付手続き」を行うことで、払いすぎた自動車重量税が戻ってきます。
ただし、解体業者が「車を解体」しないと自動車重量税は還付されません。
また、「地方税」を支払ってなければいけません。

 

・車買取の瑕疵担保責任とは?
車売却後に、隠していた不具合や故障歴、修理歴、事故歴が発覚し契約が無効になる時に問われる責任をいいます。
>>車買取の瑕疵担保責任

・契約終了後に不正が発覚した【事故歴隠し】

ここでひとつ重要なポイントとなるのが、事故車であることは隠すことができないということです。

修復歴のある車は場合、買い取りを受ける時に自己申告をする義務があります。まったくそれを告知しなくても、ほとんどは業者の査定時にすぐ見つけるのですが、仮に「修復歴を隠したまま査定・売却」し、後から「修復歴のある車であることが発覚」する場合もあります。

その場合、虚偽の売買契約を締結したことになりますので、契約後であっても「減額請求の対象」になってしまいます。

 

・代車サービスがなかった

代車サービスがそもそもない車買取業者と、基本的に代車はあるが「地域」や「店舗」によっては無い場合があります。これは事前に確認できます。

>車買取業者別「代車サービス」有無一覧

 

タイトルとURLをコピーしました