個人の車売却で必要な「書類」リスト

個人の車売却で必要な「書類」リスト

個人が車を売却する時に必要な書類と、正しい書き方をまとめました。下記が必要書類リストです。

印鑑登録証明書
 譲渡証明書
 委任状
 実印
 車検証
 自賠責保険証明書

 自動車税納税証明書
 自動車リサイクル券

 

さらに、下記の書類も場合によって必要になります

 住民票
マイナンバーカード
戸籍謄本(結婚などで名字が車検証と現在名で異なる場合必要)

 

それでは、それぞれの詳細、取得方法、書き方を見てみましょう。

 

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、「実印」として役所に登録した印鑑であることを証明する書類です。

車売却の時は、発行から3ヶ月以内の、売却する車の所有者本人の「印鑑証明書」が必要です。

印鑑登録証明書は、市役所などに行かなくても、「マイナンバーカード」があれば、年末年始以外の朝6時30から22時までの時間であれば、コンビニや車買取店の複合機(キオスク端末)からカンタンに発行できます。

そのため、「マイナンバーカード」を車売却時に車買取店に持参すると安心です。

 

 

譲渡証明書

譲渡証明書とは、車を売却する時に、「いつ、誰に自動車が譲渡されたか?」を証明ための書類です。車売却に限らず「自動車の所有者が変わる時」に必要です。

譲渡証明書のダウンロード

譲渡証明書は下記から「PDF」でダウンロードできます。印刷してそのままお使いいただけます。

譲渡証明書のダウンロード

譲渡証明書の書き方

引用:https://annai-center.com/pdf/rei-jotosyomei.pdf

 

住民票(車検証の住所と、印鑑証明書の住所が異なる場合)

「印鑑証明書の住所」と「車検証の旧車所有者の住所」が異なる場合(引っ越しなどで移動した場合)は、運輸支局窓口で「譲渡証明書」の申請が行えません。

上記の場合は、譲渡証明書に「現在住所の記入」が必要になります。

また、それを証明するために「住民票」も必要になりますのでご注意ください。

 

委任状

委任状はあなたが車売却に関する申請を、委任状記載の人(法人)に「お任せします」という書類です。


車買取企業が、買取った車の「名義変更」の申請をする時に使います。車買取サービスを利用する場合は、書類を用意してくれますのでそれを利用してもOKです。

自分で委任状を作成する場合は、下記からPDFをダウンロード印刷してご利用ください。

委任状のPDFダウンロード(国土交通省)

 

実印

例えば、委任状はコピーして2部作成し、実印をハンコする場面が結構あります。

そのため、実印印鑑も車売却時は持参しましょう。

 

車検証(しゃけんしょう)

車検証(しゃけんしょう)とは、正式名称『自動車検査証(じどうしゃけんさしょう)』のことです。

自動車は定期的に「自動車保安基準」に合格しているか検査し、車検証を取得しなければ「公道」を走ることが許されません。その検査に合格したことを証明する書類です。

車売却後の個人の「名義変更」手続きで必要です。

 

自動車税納税証明書

「自動車税納税証明書」とは自動車税を納付すると届く書類です。自動車税を納めていることを証明する書類です。納税者の住所に郵送で届きます。

自動車税納税証明書を紛失した場合

車検証、印鑑、免許証など本人確認ができる身分証明書を持参し、陸運局か自動車税管理事務所、都道府県の税事務所で再発行されます。料金は無料です。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書とは、「強制保険を支払っている」ことを証明する書類です。

自賠責保険に未加入の場合、車検証の交付が受けられないので、車売却時に必要となります。

自賠責保険の加入期間

加入期間は、通常車検時に24ヵ月。
車検切れ、自賠責保険切れの時は25ヵ月。
新車購入時は37ヵ月の加入が必要です。(新車は車検が3年のため)

また、自賠責保険証明書は自動車内に保管していないと、30万円以下の罰金刑になる重要書類です。未加入の場合、1年以下の懲役か50万円以下の罰金に加え、違反点数6点の罰則が規定されています。

予備知識として、車を売却するのではなく、「廃車」する場合は、残りの保険期間分の保険料が返金されます。

 

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券とは、自動車リサイクル法の「リサイクル料」を納めていることを証明するための書類です。

B券部分の情報が「廃車時」に必要になります。車を売却する場合は、元の所有者にリサイクル料が返金されます。車の査定額にリサイクル料が含まれますので、車を売る時にも必要です。

 

リサイクル券を紛失した場合

リサイクル券は再発行できません。しかし、自動車リサイクル料金の「預託状況を印刷する」だけで、リサイクル料を納付していることが証明できます。

リサイクル料金の預託状況の確認はこちら

 

戸籍謄本

結婚などで名字が、「車検証記載の名前」と変わった場合に戸籍謄本が必要です。

免許証

ローンの残債確認のために求められる場合があります。

 

書類の書き方の注意点

※ 誤字は旧所有者の捨印での訂正しか認められていません。
※ 黒いボールペン(消えないタイプ)で記入する
※ 感熱紙に印刷するのは、劣化するためNG
※ 押印は「印鑑証明書」と同じ、実印を使う

PDFファイルを見れない場合は、AcrobatReaderをインストールして下さい。

Adobe AcrobatReader(無料)

 

ローンが残っている車売却の注意点

自分に所有権がある場合は、ローンが残っている場合も、そのまま車を売却できます。

しかし、車の「所有権」がローン会社やディーラーの場合は、まず一括で「残りの借金」を返済しなければ車を売ることができません。

この場合だけ、車の「所有権解除」の手続きが別途必要になります。

 

しかし、車買取業者に車を売却する場合は、この手続きも含めて代行してくれます。


通常の車売却時に必要な書類を提出すればOKです!

 

車を高く売るコツとは?

車を売るのはカンタンですが、高く売るにはコツがあります!

車一括査定や車オークションで、本当に車を高く売るコツをわかりやすくまとめました。

 

【ヤバイ】車をむっちゃ高く売るコツとは?