車売却をディーラーに連絡すると損する理由とは?

車を高く売る方法

ディーラー売却報告

「車検の案内」などが、定期的に届いている場合でも、売る車を購入したディーラーに連絡する必要はありません。

車検案内などの「アフターサポート」が、車売却後もあったタイミングで「車は売ちゃいました」と事後報告するのが普通です。

 

車を売却してもディーラーに連絡必要はない

車の売却後にディーラーから連絡があった時に「車を売りました」と答えればOKです。

車売却したことを、ディーラーに「車を売りました」と報告したところで、ディーラー側にメリットがありません。

「別メーカーの車」が欲しくなったり、車を売って「現金」にしたいなどは、ディーラーのお客様には日常茶飯事です。

 

車をローンで購入し、車の所有者がディーラーの場合

車をローンで購入し、車の所有者がディーラーの場合でも、イチイチ、ディーラーに連絡する必要はありません。

これは、ローン会社が売却したい車の所有権を持っている場合も同じです。

車買取業者に車を売るなら、所有権がローン会社にある場合でも、車売却前に事前連絡する必要はありません。

なぜなら、車買取業者が代行で「車の所有権」を手数料無料で解除し、手続きを進めるからです。これも、ごくごく普通なことですので心配ありません。

 

まとめ

車を売却し終えた後に、ディーラーのアフターサポートで連絡があった場合、そのタイミングで「売却しましたよ」と事後報告するのが普通です。

なぜなら、ディーラー側もお客様が車を売ったり勝ったりすることは日常茶飯事のことだからです。

また、都度都度「事前にご連絡をください」という契約もありません。

ディーラーに連絡ないからと言って誰かにデメリットがあるかと言えば、誰にもデメリットはありません。

まして、車を売るかどうか「迷ってる段階」で事前連絡したり、特にディーラー側から連絡が来てないタイミングで、「車を売った」だの「車を買った」だのと、イチイチ報告されたらディーラー側もキリがありません。

また、ディーラーの下取り価格は、高価買取専門店と比較し安いです。車を下取りにそのまま出してしまうのは損をします。

車は「下取り」と「買取価格」の差額が50万円以上あるのもザラです。また車を一旦売って手放して現金化し「銀行振込」で受け取りたい場合は車買取業者でなければなりません。

ディーラーは新しい車を値引きするために下取り価格分を、購入価格から差し引くだけだからです。しかも、その下取り価格が安いので基本的にお客様が損をしていまう構造になっています。

なんだか得した気分になってしまうのですが、一度車買取査定をしてみると良くわかります。

 

車を高く売る方法

もし、車を高く売りたい場合は、車買取業者の中でも「高価買取」で顧客満足度の高い会社への売却をすると本当に車がすごく高く売れます。

オリコンが毎年、車買取業者でも高値買取で評判の良い会社をランキングにし発表しています。

びっくりするほどの「高値で車が売れた!」と評判の会社が、このランキング上位にでています。

 

つまり、ランキング上位の企業に車査定を依頼すれば、車が高く売れます!

↓ ディーラーの下取り価格と比べてみてください。

【オリコン】車買取高価買取ランキングはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました