オートオークションにかかる経費とは?

車オークション

オートオークションにかかる経費

オートオークションにかかる経費の計算です。

オートオークション最大手の『USS』を例に計算してみます。

USSの場合の経費(出品手数料、成約手数料、落札手数料の合計)は、1台の取引で約2万3千円です。

さらに会員費用が、月額「約1万円~」ですので年間で少なくても12万円以上の経費となります。

また、車を会場から移動させる経費(陸送費用)も必要です。

※ オートオークションの手数料や運送料等の経費は業者で異なります。

 

オートオークション参加には連帯保証人が必要

オートオークションへの参加資格として、「不動産を所有する連帯保証人」が求められます。

例えば、オートオークションで落札した後に、代金を支払わない場合、連帯保証人に、その代金の支払い義務が発生します。

カーオークション業者の連帯保証契約のトラブル相談例

また、会員でない個人(一般人)はオートオークション会場に入れません。入札も落札もできません。

 

個人(一般人)がオートオークションに参加する方法

そこで、個人(一般人)がオートオークションに参加したい場合は、オートオークション代行サービスを利用する方法が便利です。

これなら、会員にならなくても良いですし、落札するための連帯保証人も不要です。

ただし、オークション代行業者ごとに、必要になる経費(手数料等)が違います。

一般人の方の用に、オートオークションの「経費が安い順」にランキングしてみました。

 

車オークション代行手数料ランキング

 

 

タイトルとURLをコピーしました