車売却後にクレーム!瑕疵担保責任とは?

車買取トラブル

車売却後にクレーム!瑕疵担保責任とは?

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を知っていますか?

車買取の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、故障や事故歴、修理歴を隠したまま、車を下取り、または売却した場合「契約が無効」になる法律です。

期間は、車買取業者に車を売却したり下取りに出した後、「瑕疵がわかってから1年間有効」です。

車の瑕疵(かし)とは、「きず、欠点」のことです。傷や欠点、故障などを隠して車を売ると車を売った後から責任を問われます。

瑕疵がわかってから1年間有効ですので、事実上「永久的」に有効です。

例えば、車買取業者の査定を通さずに「個人間売買(個人でオークション(ヤフオク、メルカリなど)に売ったり知人に直接売るなど)」は、車の場合は瑕疵担保責任があるので「リスクが高い取引」になります。

車売却後にクレームを受ける可能性があります。

個人間売買でものを売り買いする場合は、法律上の規則が厳しい「車」だけは、基本手に行わないことが鉄則といえます。

例えば車売却成立後の車の「名義変更」についても、購入者側が手続きをしなければ進みませんので様々なトラブルの元になります。

 

嘘をついたり、事故、故障歴を隠蔽しない

基本的に車買取業者でも沢山利用者がいて顧客満足度ランキングでも上位の会社に車を売れば瑕疵担保責任の心配はありません。

ただし、車査定の時に、もしあなたの車に「事故歴、故障歴」がある場合は、正直に車買取業者側に伝えることが基本です。

その理由は、「隠したり、嘘をつく」と車売却後に、この瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)が問われる可能性がでてきてしまうからです。

少しでも「高く売りたい」から嘘をついたり、重大な「車の欠点」を隠すことはやめましょう。嘘を付いたり隠したりしない限り、余程の悪徳業者でもなければ後から困る心配はありません。

 

中古車は「個人売買」を避ける

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を最初から理由に車売却後にクレームを付ける悪質な個人売買取引を行っているクレーマーも存在します。

これは、車を「個人出品」するヤフーオークションなどで目立ちます。

車買取業者を通さないリスクとして、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を悪用する「詐欺」があることを知らない方が多いです。

 

車、バイクの個人間売買はリスクが高い

個人間売買では「詐欺目的の人物」と取引をする可能性があり、中古車の個人間売買は避けたほうが無難です。

車だけではなく、バイクでの個人間売買でのトラブルもやたら目立ちます。


たとえば注意書きに「現状渡し(そのまま売り渡す、壊れていても自己責任)」と記載しても、「修理費用を後から請求」してきたり、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を悪用しわざわざ「訴訟」を起して脅迫されるリスクもあります。

そのため、車買取や中古車販売を正規に行っている車買取業者。中でも、利用者が多く顧客満足度の高い車買取業者に絞ると安心です。

 

個人間売買オークションは車売却後のリスクがある

車やバイクをヤフオクなどで個人間取引で購入する場合でも同じです。
出品された車の説明内容と、現物の車の内容が異なる場合が多々あるからです。
そこで車を売却した後、悪意がない購入者からもクレームが発生するリスクがでてきます。

 

車買取業者を利用すれば安心

車買取業者であればプロが査定し、契約書にも瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)の区分が明確化されていますので、車売却に伴う「余計なリスク」を避けることができます。

車売却後にトラブルになる心配がありません。(※ ただし、この場合も「虚偽」の報告や、「事故歴、故障歴」を隠蔽するのはいけません。正直に車の状態を伝えることで後からトラブルを防ぎます)

車買取業者でも優良な車買取業者ならさらに安心

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)は、車売却代金の返金や減額が求められ再契約や契約を破棄することになります。

その場合、車売却で受け取ったお金が手元に残っていないと困ります。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)は売買契約日から1年間有効ですので、悪徳業者や詐欺を最初から避けることも大切です。

顧客満足度ランキング掲載の「優良な車買取業者」であれば、顧客満足度と高価買取でも高評価の業者がわかります。

こちらに記載のより多くの方が利用している車買取業者であれば、安心して車売却いただけます。

>>車買取業者高価買取ランキング

タイトルとURLをコピーしました