ユーカー パックで減額された!?

ユーカーパック

【トラブル事例】ユーカー パックで減額された!?

どんな場合にユーカーパックで減額されるのか?

ユーカーパック 流れ

結論から言うと、ユーカーパックの場合、瑕疵(嘘、修理歴、事故歴、水没歴など)隠蔽がなければ減額の心配はありません。

 

その理由は、ユーカーパックの車査定は非常に正確だからです。

>>ユーカーパックの総合評価とは?

 

ただし、瑕疵(かし)があると「どこに売る場合」でも、車買取業者側が損失を受けます。その場合、買取価格が減額されるリスクがでてきます。

では具体的に「どのようなケースで注意するべきか?

実例を見ながら確認しましょう。

 

事故車の事故歴を隠す→減額

事故車は、査定時に事故歴を報告しなければ、車の引き渡し後に「事故歴が発覚した場合」減額査定されてしまうリスクがあります。

しかし、その事故歴を「正直に報告」し、正しい車査定になるように協力すれば心配ありません。

事故歴を隠したり嘘をついて査定すると、最悪の場合「減額」されたり、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)が問われる場合があります。正直に車査定の時に査定士に伝えましょう。

 

故障車の故障歴を隠す→減額

車に明らかな故障や故障歴があり、それを知っているのに嘘をついたり報告しないと、最悪の場合、減額されてしまいます。

こちらも、故障がある場合や修理歴がある車は、正直に査定士に報告し、正しい車査定ができるように協力することが大切です。

後から、減額されると逆に面倒です。トラブルを回避するために、故障、修理歴がある車は正しく査定時に報告しましょう。

 

走行メーターの改ざん→減額どころか詐欺です

走行距離をメーターを巻き戻して改ざんすると詐欺行為になり、減額対象どころか犯罪行為となります。完全に瑕疵担保責任が問われますので絶対にやってはいけません。

これらは全て、ユーカーパックに限らず全ての車買取サービスで共通のことです。嘘、隠蔽、メーターの改ざんなど、不正行為を行わないことが一番重要なポイントです。

基本的に、悪いことをしなければ減額になることはありません。

 

水没歴を隠す→減額

車に水没歴がある場合、それを査定時などに事前に報告しないと、これも減額などのトラブルの原因になります。車査定時、水没歴があることをちゃんと伝えることが必要です。

これもユーカーパックに限らず、どの車買取サービスでも同じです。

 

ユーカーパックに限らない減額トラブル

上記はすべて、ユーカーパックに限らず、どこの買取サービスでも同じく減額対象になります。

ここで言う減額査定とは車売却契約が成立した後の、買取金額の減額のことです。

嘘やマイナス点を隠して後から責任を問われることを、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)と呼びます。

車を売却した後に減額されたり、契約自体なかったことにできる法律です。

その場合、最悪、後から受け取った車売却代金を「返金」しなければならなくなります。

ただし、瑕疵を隠蔽したり嘘をついたり、走行メーターの改ざんなどをしなければ、余程の悪徳業者や個人間売買(ヤフオク、メルカリなど)で詐欺師に当たらない限り心配はありません。

ユーカーパックの場合はさらに、総合評価システム(UIS)が厳密ですので、売却後のトラブルの心配なく利用できます。

 

嘘をつかない&車の欠点を隠さない

後から減額などのトラブルにならないように、瑕疵(欠点、欠陥、事故、故障歴)がある車を売る時は、査定時に正直にその内容を報告しましょう。

正直に報告しておけば、車査定時により正確な査定ができます。欠点がある車でも、できるだけ高く売れるように配慮してくれますので、正直に伝えると不安のない気持ち良い取引ができます。

「嘘」や「隠し事」をしなければ、後から減額されたり「トラブル」になる心配はありません。

ユーカーパック 流れ

ユーカーパックの流れ

 

ヤフーオークションやメルカリの車売却でトラブルが多い理由

ユーカーパックなら安心と説明しましたが、残念ながら「ヤフーオークション」や「メルカリ」などの「個人間売買」で車を売る場合は別です。

詐欺師が最初から訴訟目的で、車を購入した後から瑕疵担保責任を悪用し「クレーム」をつけて、わざと訴訟沙汰のトラブルにする事例が多発しています。

個人間売買は「車を買う場合」は、ポンコツを購入するなどのリスクにとどまるのですが、車をヤフオクやメルカリなどで売る場合は目に見えないリスクが高いのです。

そのため、ユーカーパックや、車買取業者(アップル、オートバックスカーズ、カーセブン、ラビット、カーチス)などの企業相手に車を売るほうが確実に安全です。

正直に、事故歴などがある場合は、それを報告すれば、個人間売買と異なり「余計なトラブル」や「減額」などのクレームで嫌な思いをする心配がありません。

クレームガードなどの保険を導入しているところもありますが、そもそも査定段階で問題をピックアップできない車査定士は三流ですので、それはそれで必須ではありません。

重要なのは、瑕疵(嘘や隠蔽、メーターの改ざん)を行わないということです。

 

あまりにポンコツは廃車専門店へ

車が自力で走れる。そこまでひどくない場合は、個人間売買でなく車買取業者やユーカーパックなどのサービスを利用してより高値での売却を狙いましょう。

上記のとおり、正直に「故障歴、修理歴、事故歴」を報告すれば、特に減額やトラブルの心配はありません。

しかし、あまりにポンコツすぎると、さすがに値段がつかない場合があります。

故障者や事故車で、廃車したほうが良い場合。または、買値がつかない場合は「廃車処理」したほうが良い場合があります。

その場合は「廃車専門業者」に廃車処理の代行を頼めば無料で全部やってくれます。例えばレッカー移動代金も含め「無料」で全て代行処理してくれます。

場合によっては買取価格が付くので、どこでも買取価格がつかないほどの状態のお車は廃車を検討しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました