オートオークションの自動車取得税ってどうなるの?

車オークション

オートオークションの自動車取得税ってどうなるの?

オートオークションの、経費として「自動車取得税」があります。自分で自動車取得税の手続きをしなければなりません。

自動車取得税の計算方法は、普通の自動車と軽自動車など車種によって異なります。

基本的に、車両標準価格が50万円以下の車の場合は免税となります。中古車の場合、6年落ちになれば、ほとんどの車は非課税になります。

例えば、新車の発売日から「6年以上経過した車」は0.1%と、『車の残りの価値(残価)』に対して課税されます。
※ ただし、自動車取得税は消費税10%と同時に廃止予定です

 

自動車取得税から環境性能割になる

この自動車取得税は「消費税が10%」になるタイミングで廃止予定です。

自動車取得税が廃止される代わりに、エコカーが優遇される「環境性能割」になります。

「燃費課税」とも言われています。全体で200億円程度の減税になる予定です。

 

こちらも、自動車取得税と同じく「車を新たに取得したタイミング」に発生する税金です。

「環境性能割」についてわかりやすくまとめました。

>>自動車取得税に代わる環境性能割とは?

 

タイトルとURLをコピーしました