車オークションでの車売却の流れと危険な落とし穴とは?

車オークションで、車を高く売りたいですか?

オークションで車を売る場合は、3種類の売却方法があります。この記事を読むと3分で、安全に車を高値売却する方法と具体的な流れがわかります!

 

車オークションでの車売却の流れ

車オークションは大きく3種類存在します。それぞれメリット、デメリットがあります。

メリットは、セリになって値段が釣り上がり「高く売れる」ことが多いことです。

デメリットは、代行手数料や、個人売買でのトラブルなどがあります。その流れをそれぞれ簡単に解説します。

ヤフーオークションの流れ

ヤフーオークションやメルカリでも車を出品して売却できます。

結構、相場よりも車が高く売れている時もありますので、とても金銭的に魅力的に感じます。

まず、出品の流れとして、「車の状態」を文章にしてわかりやすくまとめます。まず、後からのクレームを防ぐために「傷」や「故障歴」を明記することは必須です。

さらに、「クレームなし、返品不可能でOKな方だけ入札してください」などの文章も付け加えます。

入札者にわかりやすく状態が伝わるように車の外装、内装を含めてできるだけ多くの写真を撮影して、紹介ページにアップロードします。

車をヤフオクに出品する場合、家電のように「故障してたらごめんなさいw」みたいなノリが許されないシビアさがあります。

オークション出品後の質問数の多さもダントツに多いジャンルです。

ここまでの利用の流れだけでも、車ジャンルは「とにかく面倒」という点がデメリットと言えます。

直接、購入者とやりとりが必要になりますので、落札まで細かい対応で時間が想像以上に取られます。

また、しっかり「クレームなし、故障してても返品不可能です」と文章で書いていても、「故障」や「傷」などでクレームが付いてしまう落札後のトラブルが頻発しています。

これに加えて「名義変更トラブル」の場合、落札者が対応しないと何も進まない状態になります。

これが、実は盲点です。出品後、トラブルになった人が落札者と連絡がつかなくなって相談しているケースがこれも非常に多いです。

そして、この場合、出品者側に自動車税の請求が届きます。所有者が出品者のままの状態で、事故や犯罪が起こった場合、事情聴取などの対応責任も出品者側について回ります。

こうなると、出品者側はどうにもできないので、訴訟で落札者を訴えるケースもあります。つまり、落札する側もヤフオクなどで車を落札するのはリスクが伴います。

家電などと同じ感覚で、気軽に出品するのは危険です。この場合、自己責任となりヤフーはあなたを助けてくれません。当事者同士で話し合って解決してくださいなどの、テンプレメールが来るだけです。

 

個人オークションは「個人情報」が流出します

落札前の段階で、個人情報(住所、電話番号)なども、入札者側に開示する必要がでてきます。

一連の流れとして、事前に「実物の車」を下見したいという要望があるからです。

車の出品者側は「実物を見せたほうが高く売れるし、後からクレームもつけられない」と勘違いして、住所や電話番号を伝えることになります。

しかし、入札者、最終落札者が「良い人」でないと、出品者側は様々なリスクを抱え込むことになります。

これが、ヤフオクでの車出品売却の流れです。このように、一連の流れに、個人オークションで車を売ることの「落とし穴」が、驚くほど多くあることはあまり知られていません。

ヤフオクで車売却したらトラブルになった実例

 

車オークション(業者オークション・カーオークション)の流れ

車屋だけのオークションとして、カーオークション(業者オークション)があります。日本全国で開催されています。

個人(一般人)には参加資格がありませんので、『車オークション代行業者』に依頼して利用することになります。

メリットは、高級車がより高く売れるケースが目立ちます。レクサスやベンツなどの売却におすすめです。

デメリットとしては、出品代行手数料、落札手数料、陸送費用などが必要で、高級車以外はあまり利益が出しづらい点があります。個人ですので、1台だけの出品ですので、売値が高くないと手数料がマイナスされるので、旨味があまりないと言えます。

また、落札率は7割前後しかありません。残り3割前後が流札(りゅうさつ)になります。

流札とは、オークションに出品したけど、落札されなかった場合のことをいいます。この場合も、出品手数料などの経費は負担しなければなりません。

直接オークションに参加できないので、代行業者経由で利用するのですが、思っているよりも代行手数料がかかるので、売れなかった場合の手数料の損金分も覚悟の上で出品しなければなりません。

高級車をより高く売りたい方用に、カーオークション代行業者を比較してみました。

>カーオークション代行手数料ランキング

 

ユーカーパックの車オークション

ユーカーパックは、ヤフーオークションや、カーオークション(業者オークション)、さらに「車一括査定」のデメリットを取り除いた新しいサービスです。

 

メリットは、簡単に車オークションで車を高く売れることです。また、車一括査定のように複数の買取業者からの、沢山かかってくる「電話なし」で利用できます。

また、オークションに出品するのは査定データだけですので、ユーカーパックの査定を1度受けるだけで日本全国の車買取業者のセリが始まります。

この仕組は、個人情報が「複数の車業者」に渡り、後からしつこい電話営業を受けるなどの心配も無いというメリットがあり、今までの車一括査定よりも急激に人気を集めています。

あなたの車を最大評価する「ユーカー査定」も、ユーカーパックが人気の秘密です。

ユーカーパック 流れ

>ユーカーパックは高く売れない?入札がない!?

 

車売却時の必要書類一覧

車売却時の必要書類一覧です。

車売却が確定してから用意すれば大丈夫ですが、すぐに現金化したい場合は事前に準備しておくと万全です。


・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券(預託済みの場合)
・印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)

 

すぐに車を売ってお金にしたい場合

すぐに銀行に車の売却代金を受け取りたい場合は、「車一括査定」で1番高値をつけた車買取業者に売却すれば「最短2営業日」で指定の銀行口座に入金されます。

 

車一括査定で車を高く売るコツは、車高値買取ランキングの上位5社に車査定を依頼することです。

【最新】車高価買取ランキング【オリコン】

 

まとめ

業者オークション」は落札率が低く(3割前後は落札されません)、思っているよりも「オークション代行手数料」がかかります。

また、自分でやらなければならない手間が多く時間も取られます。陸送料金(車の移動台)も思っているより高額です。

またヤフーオークションは落札後のトラブルが多いので、車売却後のリスクが高いのでおすすめではありません。

そのため、車オークションで、車を高く売却したい場合は、「ユーカーパック」がおすすめです。

ユーカーパック 流れ

>ユーカーパックのオークション売却体験談

 

 

さらに、それ以外の方法では、車一括査定がおすすめです。これにも高値売却のコツがあります。

車を高く売るコツは、「車高価買取ランキング」の上位企業を「カーセンサー」の、車一括査定で事前に、高値買取企業だけを選んで競争させる形で車売却する方法が強烈な方法となります。

 

【今すぐ】車を高く売るコツと具体的流れ