なぜ車を高く売るコツをみんな知らないのか?

車を高く売るコツ

ズバリ!車を高く売るコツは、「車が高く売れる」車買取業者だけで車査定することです。

実はオリコンが毎年、車買取顧客満足ランキングを発表しています。

これは忖度なしの「ガチ」の車買取業者ランキングです。

 

このランキングは「車が高く売れた」と本当に利用者に評価された企業しか残れません。

つまり、ここだけの話ですが、ランキング上位に入ってない顧客満足度の低い車買取業者を査定から除外してしまいます

車が安く買い叩かれるから高く売れないのであって、単純に「車を高く買ってる業者」だけに車査定を依頼すれば、あなたの車は高く売れます。

車高価買取業者ランキング

 

なぜ「みんな車を高く売る方法を知らないか?」と言えば、個々の会社が「自社サービス」の宣伝を最優先するからです。自社よりも「車を高く買うライバル会社」を「おすすめです!」と正直に紹介するわけがありません。

どうしても自分の会社が1番良いというPRばかりがネットに溢れます。そのため、実際に車が高く売れる会社が普通はまったくわかりません。

 

しかし、車高価買取ランキングを見れば、今すぐ本当に車を高く買っている「ガチで評判」の会社がモロにわかります。

【最新】車高価買取業者ランキング

 

車を高く売る「3つ」の方法

車を高く売る方法として、「車一括査定」「カーオークション(業者オークション・車オークション)」「ヤフーオークション・メルカリ」などがあります。

そのまま、車買取店に車を持っていくよりも、一括査定での比較や、オークションでのセリで「競争入札」になるほうが車が高く売れます。

 

車一括査定

車一括査定は無料で、近所の車買取店にまとめて出張査定で車の価値を出して貰えるサービスです。

メリット

近所の車が無料でピックアップできます。その候補の中から、「高値買取で評判の良い買取業者」だけを選ぶことができます

万が一、「売りたい」と思える値段がつかなかった場合は、無理に車を売却する必要はありません。

 

デメリット

申し込み直後に、査定依頼した「複数の車買取業者」から電話がかかってきます。

評判の悪い車買取業者は、「安い値段で車を売ってくれ」と、しつこく営業してくる場合もあります(だから評判が悪い)。

そのため、事前に申し込む車買取業者が申し込み段階で査定する業者が事前に見えて選べて、数社程度に「申し込み画面」の途中で絞り込める「カーセンサー」がおすすめです。

このように、カーセンサーの場合は、申し込み画面の途中で「どこの車買取業者が査定するか?」が一覧で表示されて自由に選べます。

私の近所では、2018年高価買取ランキング1位の「アップル」や、ランキング上位の「アップル」「オートバックス」も選べました。

実際に、本当に高額査定してくれたので、かなり信頼できる指標となります。

ただし、この近所の「車買取業者」は、お住まいの地域によって異なります。そのため事前に確認できることは、かなり大きなメリットとなります。

この方法なら、「車買取ランキング上位の車買取業者だけ」を選んで車査定できます。もし、お気に入りのお店が出てこない場合は、そのままブラウザを閉じればOKです。

 

やばい!車が本当に高く売れる車買取業者ランキング

 

 

カーオークション(業者オークション)

カーオークションとは、別名「業者オークション・車オークション」と呼ばれる展示式の、車オークションのことです。

メリット

中古車販売店などに並ぶ前の車を売り買いする市場で、車が安く購入できたり、車を高く売ることができる場合があります。

デメリット

ただし、個人(一般人)は、カーオークションに参加する資格が厳しく(年会費12万円以上、入札には保証人が必要)、実際に利用したい場合は、カーオークション代行業者を利用します。

ただ、カーオークションの場合、車を出品しても全体の3割前後の車は、流札(りゅうさつ)になります。流札とは、落札されずに売れ残ることです。

出品手数料や陸送費用(車を運ぶ費用)などは落札されない場合もかかります。

そのため、レクサスやベンツなどの高級車で、なおかつ「走行距離」もそれほど回ってない車でもないと、代行手数料や「余計にかかる手間暇」で経費を相殺するほど旨味がないケースが多いのが実態です。

ただし、「車を購入したい場合」は、高級車が市販価格より安く落札できることがあります。車の知識が豊富で、時間と資金に余裕のある人向けの方法と言えます。

車オークション手数料順ランキング

 

 

ヤフーオークション(個人売買)

ヤフーオークションで車を出品することができます。メルカリでも車を出品できます。

メリット

オークションですのでセリになり競争入札になりやすいので、車が高く売れる可能性があります。

デメリット

しかし、個人で責任を持って車を売ることになるので、落札後のトラブルが大きなデメリットになります。

また、「車を下見したい」などの要求がありますので、住所や電話番号などの個人情報が入札者側に伝わってしまいます。

良い人が落札してくれると、トラブルなく売れることもありますが、落札した後のトラブルが非常に多く、出品するのはかなりハイリスクな行為です。

ヤフオク「車トラブル」の実例

例えば、事前に説明を受けてない傷や故障が出てきた場合での、お金のやりとりで返金を求められる場合があります。

事前にノークレーム・ノーリターンと一生懸命説明していても、説明がないと瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)が問われます。

また落札者が「名義変更」を迅速に行わないなどのトラブルも非常に多く、自動車税がいつまでも請求される事態になり訴訟になっているケースも目立ちます。

この場合、ヤフーオークションなどが助けてくれるわけでもないので、かなり後悔している方がやたらと目立ちます。

ここまでのリスクを背負うほど、高く車が売れるわけでもなく、単純に「かなり怖い」としか言いようがありません。

 

車を高く売るコツまとめ

カーオークション(業者オークション)は代行サービス経由になる。
※その場合の代行手数料や陸送費用などの経費が思ったより高く手間暇もかかる
ヤフーオークションは出品する側のリスクが高く、落札後のトラブルがリスキーである
車一括査定は評判の良い車買取業者を選べるサービスで「車高価買取ランキング」上位の会社に依頼すると、車がより高く売れやすくなる

 

・・・ということになります。

 

ユーカーパック

車を高く売るコツとして、オークションの利用があります。

しかし、業者オークションやヤフーオークションは手間がかかり、クレーム対応や名義変更トラブルのデメリットがあります。また、代行手数料も高額です。

 

そこで、オークションで安全に車を高く売りたいなら「ユーカーパック」がおすすめです。

ユーカーパック 流れ

>> ユーカーパックの車オークション

 

こちらは、車屋だけが参加するオークションに「無料」で出品できるサービスです。

まず車を「1回」だけ査定します。そして、そのデータだけが、車オークションに出品されます。

個人情報が「複数の業者」に渡らず、電話などのやりとりも「ユーカーパック」とだけでOKです。

業者との面倒な価格交渉なしで、競争入札で価格がセリ上がります。

万が一、希望する金額まで入札価格が上がらなかった場合の「再出品手数料」や「キャンセル料金」もユーカーパックなら全て無料です。

ライバル企業のカープライスは手数料が「1万円」かかりますが、ユーカーパックは完全無料で利用できます。

実際ユーカーパックの落札価格は安い?高く売れない??

 

タイトルとURLをコピーしました