車の買取と下取りの違いと価格比較

車を高く売る方法

車の「買取」と「下取り」の違い

車の「買取」と「下取り」の違いの解説です

車の「買取」と「下取り」の違いを知って「車を高く売る」方法を知りましょう。

 

車の「下取り」とは

下取りとは、次に購入する車を購入する「ディーラー(車の販売店)」に、新しい車を購入するタイミングで、今乗っている車を売ることです。

新しい車の購入と、中古車の売却を一度にできるメリットがあります。

 

デメリットは、社外部品などを付けているとマイナス査定になることがあります。

また下取りは買取専門店に車を売る(買取価格)より「査定額(売却価格)」が低くなることが多いです。

どうしても下取り価格は、買取価格よりも安くなりやすい傾向があります。

 

車を下取りする「ディーラー」とは?

ディーラーには、トヨタなら「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」などがあります。

ディーラーは下取りした車を、中古車オークションに流して「車の売却益」を得ます。中古車販売店にダイレクトに流す場合もあります。トヨタならトヨタ車だけに取扱車種が限定されますが、「下取り」の車種はどこのメーカーでも大丈夫です。

買取と違い、下取りは無理してまでディーラーが「車を買う必要がない」ので、基本的に査定価格が安くなります。

車下取りと車買取の違い

車を高く売りたい場合は、車買取サービスがおすすめです。

 

車の「買取」とは?

車の買取とは、今乗っている車を車買取店に売ることです。

車買取店はガリバー、アップル、ビックモーターなどが有名です

車買取のメリットは車を「高く売ることができる」ことです。買取専門の業者に車を売るほうが「下取り」よりも車が高く売れやすくなります。

ただし、買取のデメリットは、車買取店によって「購入価格」にバラツキがあることです。車買取店を探してまわるのも面倒ですよね。

欠点はやっぱり面倒くさいことです。そこで、「車買取一括査定」を利用すると便利です。

 

車買取店に車を高く売る方法

車の買取店にまとめて車査定を依頼する「車一括査定」を利用すると、車が下取りよりも高く売れます。また面倒な手続きをサービス提供会社が代行し、近所の車買取店を自動でマッチングしてくれます。

車一括査定は「無料」で車買取業者を複数手配する専門サービスです。

>>車の一括査定サービスの比較ランキング

 

車一括査定のデメリット

車買取の一括査定のデメリットは、最初だけですが電話が一斉にかかってくることです。「電話が沢山かかってくるのはイヤ」という場合、これは大きなデメリットですね。

でも「複数の会社」に車一括査定を依頼しないと車が高く売れにくいですよね。

そこで、「車一括査定」の電話が苦手な方に「ユーカーパック」がおすすめです!

営業電話が沢山かかってくる個人情報の流出の心配もなく、複数の車買取店が車をオークション形式で競争入札します。車査定もユーカーパックなら1回だけなんですよ♪

使い方も簡単なので、車を売るのが初めての方にもおすすめです。

>> ユーカーパック利用の流れと仕組み

 

タイトルとURLをコピーしました